アートギャラリーのある家~撮影の日


本日は、昨年お引渡ししたリノベーションのお家での撮影会でした。
お引越しが終わり、家具も入り2ヶ月ほど経ち落ち着いた今、あらためてお家に入らせて頂きました。
カメラマンのHさんが玄関で「うぉっ!、すげ」・・・
器材を運ぶ私の横で、押し殺したような声でひと言発しました。
私も何度も彼の撮影に助手代わりのように立ち会っている中、分かりますが、これは本音の声です。

玄関に飾ってある絵やクロスに特にぐっと来たものがあったようです。

''これ、2時間で終わりますか?''みたいな顔で私を見返して来ました(笑)


確かにこのお宅、ちょっと2時間で撮ると言うのは読みが甘かったかも知れません。
と言うのもこの家は竣工後と比べカーテン、家具、絵画などでの変化が大きく、見どころがぐっと増えているから。。。
私も腹をくくってこれは延長と割り切り、思い残すことの無いよう撮りました。

そして『アートギャラリーのある家』という言葉がこの家のタイトルとして頭の中に降りて来ました。
随所に飾ってある絵画がとても魅力的で、辺りをゆったりとした上品なムードに包んでいました。
そうだ、これは『アートギャラリーのある家』しかない。


窓廻りのカーテンも一枚の絵の様です。
カーテンボックスを造作で作り込み、天井からのカーテンにすることで、腰窓にも優しくエレガントなムードが漂ってます。
貼り直したという椅子の生地やソファのクッションなど所々に赤の差し色が入っているのが、今回とても効果的だと感じました。
やはり、赤って何か人に活力を生ませるものがありますよね!
前にも工事中に書いてますが、床はカーペットを多く使ってます。このカーペットがまた適度な弾力があって、フワフワで足の裏の当たりが気持ち良いんです。
家に帰って靴を脱いでから、足で感じる触感、絵やクロス、家具から感じる視覚、肌ざわり、アースカラーの落ち着きの中にある赤のキリっとした刺激。

インテリアによって極上の空間が演出できること。
この家を作って得られた収穫はそこです。


カメラマンのHさんとは長丁場の中、軽い雑談も交え写真を撮るのですが、今日はボソッとこんな事言って来ました。
H「ちっちゃい頃、うちのお袋がお金もないけど美術館に良く連れて行ってくれたんだよねー。
何が描いてあるのか何にも分からないんだけど。」
私「それって、お母さんすごいいい事してくれたんじゃない!?きっと、当時何も分からなくても、絶対Hさんのどこかに残ってるよ~きっとお母さんも好きだったんだね絵が。」
H「そう、なんでだか、よく行ったんだよね。」

絵を見てこれだけ「いいなぁ~!」と反応するHさん、そしてカメラアングルを気にしてこだわるプロカメラマンとしてのHさん。カメラを覗く彼の後ろ姿を見ながら、母親に連れられて訳も分からず見た美術館の絵が今のHさんに絶対繋がってる、と思った。

Hさんも大好きな''アートな住空間''、きっといい写真がカメラに書き込まれたことでしょう。
写真は追ってホームページのギャラリーにアップします。
ここに載せた写真は私のiPhoneです。プロのはう~んと素敵な写真のはずですので、ご期待下さい。


投稿者

RSS 2.0 Login