2ページ目

私のブログ史

今更ですが、このブログは仕事以外にも、私、竹本のライフワークも含めたすべてが記録されていると言ってもいいです。
自分のチカラで仕事をやるぞ!と意気込んで始めたものの、当初、何も取引先が無く、とにかく体当たり的に日々あったことを書き留めていたのがこのブログでした。

ただ、仕事が少しずつ回りはじめるに従って、反面、ブログのアップ頻度がマチマチになり、プライベートな内容も少なくなって行きました。
それはそれで有難いことですし、具体的な現場での出来事が家を建てる方のお役に立てれば、尚更うれしいです。
ただ、最近思うのは、ブログでも何でもやはり自分が何事も楽しんでやることが一番大事だと。。。
「しなければ」と思ってやるより「したい!」と思ってやること。
したい!楽しい!と思ってやっていることが、さらに誰かにとっても楽しかったり、為になる事につながれば、と思うのです。
以前の自分のブログを読むと、楽しんで書いていたブログは自分が一番分かります。
思い入れが強いっていうか。
それって、きっと、仕事を振り返っても同じだと思う。と同時に記録するってすごく大事だと思う。
手書きの日記は書いて来なかったけど、ブログを書いていた事で、その時自分が何を大事にしていたか、何に楽しみを見出していたか、などが後から振り返って分かる。
残していたからこそ、そこから、今の自分の成長や立ち位置を再認識できる。
誰かのとの比較ではなく、自分との比較。
これほど確かな比較は無いと思うのです。

今年で起業して丸15年になる。仕事をして来て一回りしたのかも知れない。
そこで、おぼろげに(今だけかも知れないが、確かに今)自分が思うのは、仕事が大きい・小さいでは無くて、どんな場面でも楽しめる才能があれば、きっとうまく行くってこと。幸せの尺度は自分が決めるってことです。
ちょっと熱く語り過ぎかも知れませんが(笑)本音です。
誰が見てるかも分からないこのブログですが、このブログは今まで大事にして来た自分史でもあります。
プライベート・仕事と隔たり無く、私という一人の人間として、この場所では常に正直に今の思い、そして仕事、家族や生活・時には趣味も含め今後も記録し続けていきたいと思います。

それが、遠回りしてでもやがて「私の家づくり」に繋がって行けば、と思います。
元々、自宅をコンセプトハウスとして作り、そこから施主として、作り手としてありのままを発信していこうと、ブログやホームページを立ち上げました。
ブログは発信しながらも、自分の為にも書いている。
様々なSNSを通じ、簡単に情報が発信し続けられる昨今ですが、ブログは自分のホームグラウンドとして大事にしていきたい場所です。


さて、やっと本題です(笑)
今日は、庭の掃除をしましたってこと。
ただの庭掃除ではなく、、、
それはここに家を作ってなんと初めてしたこと。

・・・と言うのは、(何てことは無い)枯葉を拾いました!

現場で使う資材の積み込みをしていたら、枯葉が庭に散らばっていることが気になってしまって。
急遽「よし!やるぞ」とスイッチが入ってしまって。やってみると気持ちの良いもんです。
シマトネリコの周りが↑のようになって。


ローズマリーの周りが・・・・・


こうなって。。。(^^♪
ただ、キッコロのようになったローズマリーの剪定が次の課題ですが(笑)


ジャンピングバッグに満タンになるくらいの枯葉が集まりました。

想像以上に気持ち良くなりました。庭も自分の心も。
今まで、「枯葉を拾わないのは、花木の為の土の肥やしにしているから・・」と自分の頭に言っていたことは「言い訳」だと分かりました。
それに気づくのに12年かかりました(笑)

そう思うと、ちょうど伸び掛かった自分の髪の毛も気になり始めて来て、行きつけの美容院に電話したら、本日の最終が空いているとの事。
すぐ予約して、行って来ました。
日が落ちる頃にはとてもスッキリした頭と庭になりました。
もうすぐ師走。色々な意味でここ数年の総括を心落ち着いてしていきたいと、今日はふとしたきっかけから思う日となりました。


キッチン

間も無くお引き渡しと言うところまで来ました。今日はキッチン部分のご紹介をします。写真は施工前


施工後、こんな感じになりました。
もともと大変大きなろ過装置で浄水されていたのですが、カウンター下に収まる最新のコンパクトなものに。
北側のキッチンにもともと天窓が付いていて、そこからの自然光が素敵だったので生かしてあります。


キッチンパネルはメンテナンスは楽かもしれませんが、少し味気ない気がします。このお家にはやはりタイルがお似合いです。コーディネーターさんがとても良いタイルを探してくれました。


色ムラのあるグレー調のタイル、グロスの効いた濃茶のキャビネットの組み合わせ。
大人なキッチンが出来ました。


赤いハート


気がつけば、わが家のマルバノキも紅葉しています。ハート型の葉が春から秋にかけて愛らしい庭木です。
去年まではよく虫に食べられて、ギザギザハートの子守唄(笑)だったのですが、今年は、たまたま秋口に付近の木で見つけた食欲旺盛な巨大な青虫を撃退したせいか、きれいな形のまま紅葉してくれました!


ジューベリーは逆にもう少しきれいに紅葉していた気がします。
茶色い混じりのまだらな感じ。
からっからに乾いた葉と透き通った青空に秋から冬への入り口を感じます。



リノベ後、外観


足場が撤去され、建物の外観が見えるようになりました。特注で注文した渋めの外壁色に、窓モールや幕板の白いラインが映える大人ムードの外観となりました。


参考までに… 施工前の外観です


室内では内装工事が着々と進められてます。
輸入クロスとカーペットが主体の内装。
シックでエレガントな空間がだんだん見えて来ました!


階段にカーペットを貼る事は最近少なくなりましたが、実は、歩く音が静か、滑る心配が少ない、足触りがやらかくカラダへの負担が少ない、暖かいなど、メリットがたくさんあります。
特に面積に限りがあって踏み面がたくさん取れない時にでも危なくない階段ができて、とても良いと思います。


外壁お化粧の山場


外壁にスタッコフレックスを吹き付けて、いよいよ外装も山場を迎えてます。
スタッコフレックスは日本に入って来た当初よりずっと採用しているノエルハウスのいわば定番商品です。
弊社の施工例、現場がカタログになっているほどです。
我が家、コンセプトハウスにも勿論使用。12年間、様子を見続けていて、お薦め出来る外装材です。
性能も良いですが、色の自由度も高いのが特徴。基本色以外にもご要望があれば作成可能です。
洋風っぽくも和風っぽくも出来ます。


弾性が非常に高いので、将来的に下地に生じるかもしれないクラックが表面に出ないようにカバーし続けます。
通気性もあるので、今回のように湿式で下地を作っている場合や、クラックが生じ壁内の湿気の懸念がある場合の外装リフォームでも安心して使うことが出来ます。
外壁が仕上がれば、後は樋や換気フードや必要なエアコン配管などを行えば、足場を取る段階となります。
早く外壁全体が見たい!!


RSS 2.0 Login