インテリア打ち合わせ

今回で詳細打ち合わせを始めてから5回目となります。
今日は前半はオリジナル造作キッチンを扱っているお店で実物を見ながら打ち合わせ。


ドアのデザインも色々。ドアに着色する色も選べる自由度がオーダーキッチンならでは。

実際に開け閉めしたり、使い勝手を確かめながら。
使うフローリングなど他のインテリア部材ともマッチングを考えながら。


カウンターの人工大理石も素敵なものばかりで迷ってしまいます。その中でもコーディネーターが、お勧めするものなど、お客様と意見を交わして。

こちらのお店ではキッチンと洗面台の打ち合わせをしました。
洗面台も造作で自由にプランできるのが魅力です。
お店のMさんに「近くに美味しいご飯屋さんがないですか?」
と聞いて教えてもらった近くのお店でお施主様とコーディネーターさんと一緒にランチ。


お腹に優しくて、でも満腹感もあるとってもおいしいお店でした。
この後コーディネーターさんの栄のお店へ移動。


電気図面を見ながら、お部屋の照明、スイッチコンセントなどの打ち合わせ。
クロスのサンプルを見ながら、お部屋の色合いのヒアリングをしています。
今日はまだお話を聞くだけです。こんなのもある、あんなのもあると言う感じでざっとインテリアのイメージを膨らませてもらっています。


輸入クロスも沢山揃っています。
中でも手描き風のポップな絵柄は子供部屋やトイレの一部などに使ったら面白そう!
そう、壁紙はひとつの壁画でもある。
コーディネータ曰く「1枚の絵を買うと思って1つの壁面にこういったアートっぽい柄を使うのもいいですよね!」
なるほど。。。
私も見ながらウキウキしてきました。


輸入住宅にとって、インテリアを形作る内装材、設備、照明器具、カーテン等をトータルでバランスを考えながらまとめていくことはとても大事で、かつ最も楽しいことです。
お客様の好みを細やかに聞いて、できるだけイメージに近いものを私たち建築と共同で作り上げることができること。
このお店には輸入クロスを始め、たくさんの種類からアイテムを選べる環境が整っているので、その場に居ながらしてお家のイメージを膨らますことができ、私の家づくりにはとても大切な場所です。


投稿者

RSS 2.0 Login