築25年 北欧輸入住宅のリフォーム始めます

瀬戸市にて新しい現場が始まります。
築25年の、北欧輸入住宅です。


主な内容としては、大きいところで、屋根瓦の吹き替え。
輸入住宅では当時よく採用されていたモニエル(セメント)瓦が葺かれています。色落ちが激しく、数年前からご相談を受けていたのですが、このたび陶器軽量瓦に葺き替えることになりました。


それから外壁の塗り替え。現在は窯業系ラップサイディングです。
このように指に粉がついてくる(チョーキング) 状態は塗り替えのサインです。
今回は、先日終わった長久手のリフォームでも使った最長26年の耐用年数を持つ塗料で塗り替えします。


それから窓の全般的なメンテナンスリフォーム。
窓も北欧製の木製窓で、中も外も木がそのまま使われているタイプ。外側にアルミや樹脂の被覆あるタイプとは違い、窓外部木部にもメンテナンスが必要なものです。
木の部分の補修塗り替えと、併せてガラス部分のコーキングを打ち直す予定です。
窓に関しては、他のリフォームと比べてボリュームの多い工事となります。


現場にシートも掲げて準備完了です。
お客様との打ち合わせで決めましたが、今回は屋根の色、壁の色の組み合わせが現在とガラッと雰囲気が変わります。
瓦は遮熱性を考え、外壁は屋根の色とのバランスも考え・・・・、全体に北欧に建っているような爽やかなイメージになると思います。
工事の終了は12月末ごろを考えています。
最終シートを外したとき、仕上がりがどのようになるかも楽しみです。

「輸入住宅の設計・新築・リフォーム・メンテナンス」なら ノエルハウス/考作
北米系、北欧系、それぞれに使う建材も施工も異なります。どこに頼もう?迷ったらご相談下さい。


注文住宅のご契約を頂きました

本日、注文住宅の新築工事請負契約をさせて頂きました。
最初にお問い合わせをいただいたのが今年の6月でした。
それからプラン提出、見積もり、打ち合わせを重ね約4ヶ月。
他社様とも比較して頂き、最終的に弊社で設計及び工事をさせて頂くことになりました。


お問い合わせをいただいたきっかけをお聞きすると、ウェブで「ジョージアンの家」で探していたら画像で弊社ノエルハウスの施工例に行き当たったとのこと。ご覧になった写真は昨年お作りしたばかりの家で、私自身もとても思い入れのあるお家でしたので、それを聞いてとてもうれしかったです。
必ずどこかで同じように共感して下さる方がいらっしゃると。
同じジョージアン様式の家でも勿論お客様により、インテリアなど少しづつお好みのテイストは変わりますが、でもお話を重ねていると共通のお考えや趣向が見えてきて興味深いです。


基本設計時に地盤調査や敷地調査は済ませてあります。敷地の高低や隣地との関係など、情報を詳細まで図化することは最も大事なスタートのひとつなので専門の会社を入れ書き起こします。
今までは縮尺1/100のプランでしたが、これから、実施図面に入ると1/50の図面に置き換えて、より詳細に設計を進めていきます。
地盤を全体に少し高くしたいので、境界にブロックを積む造成工事を基礎に先駆けて行うことにします。
また、電柱がまだ近くになく、引き込みができないため、電柱を新たにこのたびの敷地内に設置するお話を中部電力と来週することになっています。


「注文住宅、輸入住宅の設計・新築・リフォーム・メンテナンス」なら ノエルハウス/考作


RSS 2.0 Login