完成お引き渡し


本日、プラン構想から1年半を経て、
注文住宅が完成し、お引き渡しさせていただきました。
昨日までの蒸し暑さから打って変わって、朝から爽やかな風の吹く好天に恵まれました。
空の青空と建物の青がほとんど同じ!
私は、ここに立ち、お客様が来社したときに最初に持ち込まれた海外のTVドラマのイメージ写真を思い出していました。
すべてはそこから始まりました。


憧れから家づくりはスタートします。
「こうしたいな。こんな感じが好きだな。こんな暮らしがしたいな」漠然とした思いから。


その漠然としたイメージに対して、共感して、それをどれだけ具体的な形にできるか?
Pinterestでイメージを共有することも今回とても活用しました。


ウィンドウベンチも海外のいろいろな施工例を見て、この形に決まりました。


座面を開ければ収納になってます。


この玄関ホールはついついたくさん写真を撮ってしまいます。
時間をかけて打ち合わせをし、手間をかけて作って良かったと思いました。
お客様の強い思いに感化され、私たちの持ってるアイデアをぶつけながら、本当の意味で、共同作業でこの家ができたと、つくづくできた家を見て思います。


この時期の新緑に、家が本当に映えてみえます。やはり庭の威力はすごいですね。


これからこの家でお客様の素敵な生活が始まるように願っております!
お客様も今日はゆっくり家に浸る時間は無いかと思いますが、またこれからぜひ感想を聞かせていただきたいと思います。
完成、ご入居おめでとうございます‼︎


クロス工事


塗装が一通り終わると、次はクロス工事です。
玄関ホールは階段を含めた吹き抜けがあるので、クロスを貼るのが大変でした。天井が5.5mくらいの高さにある為、足場が欲しいところですが、足場を組むと壁が貼りにくいので、何とか足場無しで工夫して貼りました!


グレーを基調としたペイント調クロス。貼るのに大変な技術が要りますが、仕上がりはシックで落ち着いた感じです。悩み抜いてお客様と私たちで決めた色です。


今日は洗面に付く全面鏡の打ち合わせを業者としました。
輸入照明が鏡の上に付くので細かい打ち合わせが必要です。



目下塗装中


室内塗装を進めています。
階段面の壁に施したパネル壁が色々と途中は大変ですが、だんだんカタチになって来ました。
階段はオイルステインとペイントのツートン仕様


飾り暖炉マントルピース、ダイニングウィンドウベンチ廻りも白一色に塗られます。
この位から大工、建具、塗装の出入りが絡んで、なかなか難しい管理となって来ます!



造作工事終盤


造作工事も終盤に差し掛かってきました。大工さんに作ってもらっている収納部分もここにきて急ピッチで仕上がってきています。作り始めてから気づくことも多いので、現場とは日々やりとりをして、細かい収まりの調整をしています。


打ち合わせと大工の進行が追っかけっこをしていて、こちら設計打ち合わせをする立場としてもなかなか毎日緊張する日々が続きます。
でも追われて大変だけど、それは段取り良くさくさくと仕事を進めてくれている証拠。
お陰でやることがたくさんあっても何とか最初の工程通り進められてます!



Panel Moulding


階段の正面の壁に装飾を施しています。


無垢オークフローリングが張り終わり、ドア枠、ケーシングの取付が進んでいます。この辺りからだんだん細かい作業に入って行きます。


RSS 2.0 Login