輸入木製玄関ドアの再塗装


先日大工さんに枠の補修をしてもらった現場で、今日はドアの再塗装をしています。
塗装に入る前に古い塗膜をできるだけペーパーで落とすのが大事です。
玄関ドアは南に面しており軒が浅いので、表面劣化がかなり進んでいます。
当初はクリアがかかっていたと思われますが、ここまで膜が取れました。


築 17年の間に木は縮んだり、反ったりして、部材同士の隙間が空いてきています。その隙間に水が入って乾きにくくなるため、材料がより傷んでいく原因になります。


それから、よくある話として丁番がだんだんすり減る事でドア自体が下がってきて、鍵がうまく掛からなかったり、下が擦って開けづらくなることがあります。
今回は事前に丁番を取り替えておきました。外した丁番を見るとどれだけすり減ったかがよくわかります。


新しい丁番に取り替え後

今までよりも一回り大きい丁番に取り替えることでよりしっかりと枠に固定できます。


最後におまけ。ユニークな刈込みが迎えてくれる素敵なおうちです。


フレンチドアの補修



フレンチドアの補修、2日め。
室内側の塗装仕上げと併せて、今後浸水することを防ぐ為、ガラスとガラス押さえの間にコーキングします。
コの字型に水平部分と立ち上がり20㎝くらいを。


その後、既設と同じ色を現地合わせで作り、仕上げました。
玄関側ポーチの基礎もケレンで剥離しかかった膜を落とし、仕上げました。


玄関ドア枠の補修工事

今日は輸入住宅の玄関ドアの木枠の補修をさせていただきました。
ドアは親子ドア+もう一つ子ドアが付いているシンメトリーの風格あるスタイル。
まず根元の悪いところを撤去するところから始めます。


この家の問題点は枠が土間に埋まっている事でした。タイルに流れた雨水が木枠の根元から土間に空いた穴に入り、木がいつも湿った状態になっていました。
撤去した木はスポンジ状になって湿っていました。


穴にはコーキングを充填し、木枠が直接土間に触れないようにしました。


今日は同じ形状の発泡ウレタン製のケーシングを持ってきていたのでそれに差し替え、パテを打ち乾いてペーパーをかけ、今日はこれで一旦終了です。


Marvin アウトスイングパティオ補修




今日は久しぶりに、輸入外部フレンチドアの補修工事をしました。
去年からずっとお願いされていたのですがなかなか着手できなかった物件です。


悪い部分を削り落とし、埋め木をします。実際やってみるまでどの程度悪化してるのかわからないのがこの工事の特徴です。なので色々なサイズの木材を用意していたのですが、合うものがありました。
現場でできるだけピタリと合うようにカットして嵌めてみます。


この後隙間にパテを埋めて、乾いた後にサンディングをし表面がフラットに近い補修ができました!


来週塗装屋さんを入れて、全体を白く塗り直せば完成です。
ベテランの加藤さんが、今回も現場でいろいろな知恵を出してもらい、うまくいきました。
こればかりは本当にケースバイケースのことが多いので、経験がものをいいます。


マービン窓修理



今年最後のメンテナンスは、名古屋の輸入住宅スタイルの病院の窓の金物交換でした。
ハンドルを回すところが空回りしてしまい、開け閉めができなくなっていたので、アームギア金物を交換しました。
木製金具カバーを外すのが少し手こずりましたが無事完了しました。


RSS 2.0 Login