4ページ目

フレンチドアの補修



フレンチドアの補修、2日め。
室内側の塗装仕上げと併せて、今後浸水することを防ぐ為、ガラスとガラス押さえの間にコーキングします。
コの字型に水平部分と立ち上がり20㎝くらいを。


その後、既設と同じ色を現地合わせで作り、仕上げました。
玄関側ポーチの基礎もケレンで剥離しかかった膜を落とし、仕上げました。


ときには我が家もメンテナンス


今日は久しぶりに我が家のメンテナンスをしました。家族中でクレームになっていた洗面所の排水の悪さを直すこと。
時々ドレンを外して、掃除をしていましたがここのところサボっていて、やっていなかったために最近排水が悪くなっていました。
いつもの要領で、排水口廻りの掃除をし気持ちよく流れるようになりました。


夕方、 ひと通りメンテナンス仕事が終わり、ひとりリビングに居たらいい感じの西日が入ってきたのでちょっと撮影会^_^


躯体検査、水道、ガス立会い


今日は住宅瑕疵担保保証の躯体検査、水道ガス業者との現地立ち会い打ち合わせをしました。
給排水は構造が絡むので現場での配管経路の調整が必要です。
ユニットバスの施工業者も呼んであり、大工共々いろいろと打ち合わせができました。


野地の上では、屋根工事が、野地の下では、通気スペーサーの設置が行われています。
アイシネン吹き付け断熱と 野地板の間に30ミリの通気層を設け、軒裏から棟換気に通ずる空気の流れを作るためのものです。


玄関ドア枠の補修工事

今日は輸入住宅の玄関ドアの木枠の補修をさせていただきました。
ドアは親子ドア+もう一つ子ドアが付いているシンメトリーの風格あるスタイル。
まず根元の悪いところを撤去するところから始めます。


この家の問題点は枠が土間に埋まっている事でした。タイルに流れた雨水が木枠の根元から土間に空いた穴に入り、木がいつも湿った状態になっていました。
撤去した木はスポンジ状になって湿っていました。


穴にはコーキングを充填し、木枠が直接土間に触れないようにしました。


今日は同じ形状の発泡ウレタン製のケーシングを持ってきていたのでそれに差し替え、パテを打ち乾いてペーパーをかけ、今日はこれで一旦終了です。


上棟式、打ち合わせ


本日は上棟を祝し、ここまで出来上がったことのへの感謝と今後の安全を祈願し現場で簡易な上棟式を行いました。
午後はお客様と設計、コーディネーターと電気屋さんと共に主に電気の打ち合わせ。
途中雪も降り出す中、寒さに耐えながらの打ち合わせでしたが、本日分の打ち合わせは何とか終了しました。
これだけ長時間外での打ち合わせはお客様も滅多にあることではなく、大変だったと思います。
ご協力ありがとうございました。


RSS 2.0 Login